いぼは手術で完治できる|進化する医療機関

女性

いぼの効果的な治し方

ウーマン

適切な治療法

いぼには良性と悪性のものがあり、手術等で除去する前にチェックしなければなりません。いぼができる原因は様々で、年齢や体質も大きく影響しています。また、ウィルス性のいぼは、そのままレーザーなどを当ててしまうと他の部分に感染していぼが広がってしまう可能性があります。なお、温泉やプールから感染しやすいため、足の裏にできる人が多いです。足の裏にできてしまうと皮膚が硬くなり、いぼが治りにくくなってしまうことがあり要注意です。ウィルス性のいぼに感染してしまったら、液体窒素を使って除去していきます。他の部分に感染してしまう前に手術を行い、早急に対応するようにしましょう。また、液体窒素以外にもヨクイニンエキスを服用して、体の内側から治す方法もあります。しかし、即効性はないのですぐにいぼを治したい人は、他の方法を選ぶとよいでしょう。ヨクイニンは元々ハトムギですから、安全性が高く子供や高齢者でも服用することができ、しっかりと服用と続けることでいぼを予防することも可能です。難治性のいぼの場合液体窒素では効果が得られない場合があります、そういった場合にはいぼ電気凝固法が効果的です。なかなか治らない難治性のいぼには手術療法も効果的です。いぼはヒト乳頭腫ウイルスが皮膚に感染してできるもので、液体窒素では治療が困難な場合や難治性のいぼの場合には炭酸ガスレーザーが使用されます。炭酸ガスレーザーは、非常に小さく限定された領域を照射することが可能ですから、最小限の色素沈着ですみますし顔や胸・頚部に多発する小さないぼ治療に大変有効です。ただ炭酸ガスレーザーは万能ではなく炭酸ガスレーザーを照射したあとに液体窒素での治療が必要となるケースもありますから、事前に医師に治療方針を確認しておくとよいでしょう。頚部や顔面に多発するいぼは液体窒素で治療すると色素沈着を起こすことが少なくありません。そういった場合には炭酸ガスレーザーが適しています。単なるいぼだからといって自分ではさみで切り取ってしまう人もいますが、傷跡が残ったりウイルス性のいぼの場合はさらに感染が拡大してしまう場合があります。また悪性の腫瘍というケースも少なくありませんから自己判断せずしっかりと病院で手術してもらうことが大切です。炭酸ガスレーザーを使っていぼを治療した後は、アフターケアをきちんと行うようにしましょう。専用のテープで傷口を保護していくのが一般的ですが、途中で外さないことが鉄則です。ただ、テープを貼りっぱなしにするのではなく、流水などで患部を清潔にしたのち、軟膏を塗ってテープを貼るのが正しい対処法となります。テープを貼らずに患部を紫外線に当ててしまうと、炭酸ガスレーザーを当てた部分がシミになってしまう可能性があります。スポーツや屋外に出かけるときは日焼け止めを塗ったり、長袖を着たりしてきちんと対策を行っておくことが綺麗に完治させるコツです。また、患部をこするなどの強い力を加えないように注意しましょう。新しい皮膚が再生されるまで、きちんとケアするといぼがあった跡がわからないほど綺麗になります。